スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LKW 0,75 t gl Kraka Typ 640

  • 2013/10/12 21:56
  • Category: etc
M724‐MULEの話をしたからにはドイツのKRAKAの話もしないといけません。



KRAKAと言うのは “KraftKarren”「動力トラック」の略。

空挺用ということや形が似ているためMULEと比べられる車です。MULEの米軍への納品が1956年、
KRAKAのドイツ連邦軍への試作車納品が1965年なので後発ですが、
コンセプト自体は第二次世界大戦時にできていたそうです。

ドイツ製だしバギーっぽい見た目からしてもMULEより走りそう。
後期型ではBMWの26馬力700cc水平対向エンジンを積んでて最高速度は55km/h。
↓これの改造型のBMW427というモートルらしい。

KRAKA BMW



MULEは重ねて収納できるらしいのですが、なんとKRAKAは折りたたんで重ねられる。

KRAKA.png


折りたたみ自動車。  いつも路駐の車がジャマでしょうがないので折りたたんで貰えると助かる。
あっ、これじゃ折りたたんでも横幅は変わらないか。

兵器マニアには”Faun”「牧神」という愛称だと間違って紹介されることもあったみたいですが、
Fahrzeugfabrik Ansbach und Nürnberg GmbHという製造メーカーの名前の頭文字です。
Faun社製のKRAKAという車です。

ちなみに現在のFaunは香川県のクレーン車メーカー㈱タダノの子会社だそうです
タダノが中古車を輸入してくれたらいいのに。いただきさんがコレに乗ってたらカッコいいでしょうね。



Benefit of inconvienience

  • 2013/10/12 00:57
  • Category: etc

京都のKAZE事務所の近くにいつ開いてるんだかわからない、店の名前もよくわからないバーがあるのですが、
行くたびに初対面の人と面白い会話ができてお気に入りです。

今晩も前を通ったら開いてたので入りました。何やら賢そうな人達が大勢いてて帰ろうかなと思ったのですが、
会話の内容が「不便な方が面白いやん!」て感じだったので、つい参加してきました。
だって不便だからこそ良い物の代表格といえば自転車でしょ。
俺にも語らせろとばかりに調子に乗ってクダを巻いてたのですが…

Youtubeで「Draag Race NY」とか見ながら不便極まるピストの話を酔っ払いながら話していると、
ピストなんて乗ったこともない真面目そうな方々が理解してくれる。

なんと不便さゆえのメリットの研究を大学の工学部で研究されている先生方。
京大の情報工学の川上 浩司先生はじめ、真剣に研究をされている面々でした…
語ってしまった自分が恥ずかしい。


川上先生はなんでも「不便益」(ふべんえき)という考え方を発明されたそうで、
不便さにもメリットがあるのだから、そういうシステムを創りだそう。
早い話が「世の中をわざわざ不便にしてやろう!」という陰謀を企んでいる一派らしいです。

「素数ものさし」なんていうノーブレーキピスト以上に不便で反社会的な道具を考案されたそうです。

不便益


あれだけのピストブームがあったのに、ピストに乗る感覚をピタリと言語化出来た人はいない。
映像や音楽、絵画では近い表現があったけど、言語化とまではいかなかった。
だからなんでピストなのかという問いに答えられなかったんです。

でもこれからは、乗車感覚はともかく乗る理由については訊かれたら言ってやればいいんですよ。
「なんでピストなんですか?」
「不便益です。」

Viva inconvienience!

B-BOY vs ミッキー

  • 2013/10/11 19:45
  • Category: etc


明日から3連休ですね。

関西方面のディズニーランドに行きたい方は、やはり3連休が絶好のチャンスだと思うのですが、
行きたくても仕事で行けない人、そもそも興味ない人、一緒に行く相手がいない非モテの人など、
とにかくこの動画を見れば、
ミッキーをリスペクトせざるを得ないと思います。

何がいいって、ミッキーの中の人が、自分がミッキーだってことを終始忘れていないことと、

最後に逆立ちで服がペロッとめくれても、人間の肌が見えちゃったりしてないとこですね。




M274 MULE

  • 2013/10/10 22:21
  • Category: etc
音楽の話はもう飽きたし、そもそもココはメッセンジャーのBlogなので乗り物の話でもしようと思います。

普段から自動車のことを目の敵にしているので、Takuyaは自動車が嫌いだと思っている人が多いようです。
ところがどっこい、実は自動車が大好きで30年前からズーッと乗りたいと思ってる自動車があるんですよ。


Mule M274

M274 1/2 Ton Utility Truck  愛称は”MULE” ロバ。

こうみえてウィリス社が開発した軍用トラックです。(タイヤの下駄山パターンがウィリスっぽいでしょ。)
ベトナム戦争では106mm無反動砲を積んで前線にも出ていたようです。

M274ミュールはヘリや輸送機からパラシュート投下するために車重が400kgと非常に軽い。
そのため初期型ではマグネシウムを多用して意外と高価だったとか。

4WDで見ての通り逆位相の4WS。当然パワステ無し。(ちなみにサスペンションも無し。)楽しそうですね。

斜めに突き出たハンドルはともかく、シフトやサイドブレーキの位置が変でしょう?
これはハンドルを前にパタンと倒すとエンジン付き手押し車にするための配置。 
もとは積み重ねて輸送機に搭載するための機構かと想像してます。

エンジンは18馬力で3×2速+リバース。最高速度は40km/hくらい。
荷台も縦が約2500mm(全長は約3000mm)横が約1184mmと布団を敷くにもちょうどよい大きさ。
ママチャリがわりにいかがでしょうか?小さなお子様の幼稚園への送り迎えにピッタリです。

フルメタルジャケットを見てたらM41ウォーカー・ブルドッグ軽戦車(キャデラック製ですよ)だとか
シコルスキーCH34チョクトー(に見せかけたウェストランド・ウェセックス・ヘリコプター)といった
ダサくてカッコいい乗り物と共にミュールが出てきて映画館で思わず立ち上がってしまいました。

やっぱキューブリックは解ってるね!


"Surfin' Bird" The Trashmen

待機中の読物

  • 2013/02/07 22:32
  • Category: etc
最近読んだもの



・独立国家のつくりかた「坂口恭平」
・TOKYO 0円ハウス 0円生活「坂口恭平」
・県民性の人間学 「祖父江孝男」


IMG_2911.jpg



ディスパッチャーからの「指令」が来るまでの間さくっと読んでいたものです。坂口恭平という人を全く予備知識なく読んだのですが、以前からいろいろと話題になっていたのですね。この0円ハウスが原作で映画化もされていたとは。。いやはや、非常に面白かった。圧倒的に0円ハウス。痛快です。。



どうでもいいですが、本を選ぶ行為(本屋で自分の興味のある本を手にとる)というのは恥ずかしい。なんかあんまり人に見られたくない。いや、見てないか。自意識過剰か。でも自分の考えていることをさらけ出しているみたいなんだな。なのであまり人がいないときにささっと手に取り、一直線にレジへ向かいます。(あれ?ブログは大丈夫なのか?)


T.T 

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。